Gigamic(ギガミック)社が手掛けています。


フランスの脳トレ、ギガミックは、シンプルなルールが故に奥深いゲーム性とオブジェとしての美しさを追求したプロダクトの完成度の高さが特徴で、それが世界各国で国際的な賞を受賞している理由です。 ヨーロッパのカフェやバーや世界の教育現場で採用され、 年齢や文化や言葉を超えて世界中の誰とでも遊ぶことができます。




point.1
世界中で学校の教材になったボードゲーム


世界中で独創的な教育法として注目され、学校教育や 社会人教育などに採用されています。 問題解決力を養い、さまざまなスキルを身につけることで、物事や自分の考えを論理的に表現できるようになり 米イエール大学の研究においても 教科の学習効果に望ましい影響を与えることが立証されています。



point.2
インテリアとしても機能するデザイン


<ギガミック社>は、 1991年、Gires三兄弟によってフランス・ブローニュに設立されたました。 Gires兄弟が目指したものは、シンプルなルールが故に奥行きのある究極のゲームであり、なおかつインテリアとしても機能するデザインでした。

ギガミック社は、常に優れたゲームコンセプトを探求し、デザイン性の高いベストセラー・ゲームを次々に産み出し、ゲーム界にその地位を確立しました。誰もが簡単に理解できるルールで、なおかつプレイ時間が短く、常に新しいコンセプトのクリエイティブ性と独創性は世界で認められ、数々の国際的な賞を受賞しています。例えばQUARTO!(クアルト!)は、世界で最も多くの賞を受賞したゲームであり、その他のゲームも数多くの受賞履歴を持ちます。 このようなオリジナリティのある優れたゲームを産み出すために、ギガミック社は関係するすべての事柄に堅実な姿勢をもっています。発明者やテストプレイヤー、製造者、包装会社、運送会社とも契約が厳重に交わされ、輸入販売会社に至っては1国1社で独占契約を結んでいます。
このようなギガミック社のアティチュードは、製品のクオリティを高め現在では30以上の言語に翻訳されており、生産の75%がヨーロッパとアメリカを中心に輸出されています。
言語や文化、年齢を超えて世界中の誰とでも遊ぶことができるギガミックは、カルチャーとしてヨーロッパに根付いたボードゲームというジャンルに新たな一面を加え、世界中で愛されています。


point.3
世界各国で、国際賞を受賞


シンプルなルールと奥深いゲーム性が、高い評価を受けています。


ピラミッドの頂点は、誰の手に!」

2色の玉を交互に積み上げ、ピラミッドの頂点を競い合う <ピロス>。 その戦略的要素とデザイン性の高さから世界各国で多くの賞を受賞し、広く愛されるゲーム。 2種類の玉の並び方や配列次第で持ち玉の数が変動するので、 如何にして自分に有利な配置となるよう相手の玉を誘導できるかが勝負のカギ。 ちょっとでも気をぬくとすぐに相手に有利な展開になってしまうので、 一瞬の気の緩みであなたはミイラになる?


セット内容


● 木製ボード…1枚
● 木製玉…30個(15個X2色)


ゲームの概要


プレイヤーを玉の色で分け交互に持ち玉を盤上に置き、ピラミッドの頂上に自分の玉を置いたプレイヤーが勝利者となります。


当店ではこちらのPYLOS mini(ピロス・ミニ)をオススメしています。


クアルトはPYLOSとPYLOSminiがありますが、サイズは変わっても遊び方は変わらないため、当店ではお求めやすいこちらのPYLOSのミニサイズをオススメしています。


サイズ/幅17×奥行17cm
箱サイズ/幅18×奥行18×高さ4cm
対象/8〜99歳


キーワード/
PYLOSmini,PYLOS,ピラミット,ピロス,ピロスミニ,Gigamic,ギガミック,知育玩具,ボードゲーム

ピラミッドの頂点は誰の手に?!「PYLOS(ピロス)」


3,400円(税込3,672円)

ヒューン