<8月18日販売予定>
※入荷次第発送させていただきます。


消しゴムと言えば、そう、「MONO」!
1969年の発売からずっと愛され続けている消しゴムが、よりシンプルになって登場しました!!!その記念に勝手におすすめセットをご紹介!
これでもっとMONOを好きになること間違いなし!?

ロングセラーの消しゴム
「MONO(モノ)」の
原点とは?


「MONO(モノ)消しゴム」の誕生秘話

トンボ鉛筆さんより1969年から発売しているロングセラー消しゴム「MONO(モノ)。」誰もが一度は手にしていると思います。
実はこの消しゴム、1967年発売の最高級鉛筆「MONO100」のサービス品として生まれたのをご存じですか?
これが良く消えると評判になり、1969年に製品化されたアイテムなんです。 最高級鉛筆 モノ100 ちなみにこちらが「MONO100」。MONO100は1967年、トンボ鉛筆創業55周年を記念して誕生した最高級鉛筆です。発売当時と比べるとパッケージ等のデザインは変わりましたがまだまだ現役、これまたロングセラーアイテムです。(9Hから6Bまで全17硬度をラインナップ)
今回はMONOの原点に触れよう!ということでこの最高級鉛筆「MONO100」とシンプルな消しゴムのセットをご提案させていただきます!

MONOのカラーについて

MONOの青白黒の3色柄は、昭和44(1969)年に発売した「MONO消しゴム」の本体を巻いている紙製ケースに採用してからずっと変わっていません。品種が拡大してからも、青白黒の3色柄はデザインルールに基づき統一的に展開しています。

MONOの青白黒柄が商標登録!

実はMONOの青白黒の3色柄が「色彩のみからなる商標」として認められました。2017年4月11日はMONOの3色柄が世の中に認められた記念日でもあります。
MONOの青白黒の3色柄が色彩のみからなる商標として登録

限りなくシンプルな文房具。

今回のセットにお付けする消しゴムは「モノ(MONO)」ブランドのシンボルである青白黒の3色柄のみで、文字、数字、記号を一切印刷していません。文字や記号がなくても、MONOって分かるってホントすごい!!

実はこのアイテム、受験生向けに開発されました。試験会場での所持品や服等に文章や英文字等がプリントされたものを制限する表記が受験上の注意(センター試験)があることから、文房具選びで苦慮している受験生向けにと開発されました。個人的には「受験生が心配なく持ち込める文字なし文具」ってことよりも、単純にこのデザインが好きです!!
受験生が心配なく持ち込める文字なし文具

セット内容 MONO(モノ)消しゴム 2個
選択部分 最高級鉛筆「モノ100」
6角軸 12本入り
9Hから6Bまで全17硬度の中からお選び頂けます。

限りなくシンプル!ロゴも消えた『MONO(モノ)消しゴム』の原点セット!


1,800円(税込1,944円)

鉛筆濃さ選択
購入数

ヒューン