小さくて、クリクリした目がとっても可愛いオマキザル。本物のオマキザルは頭胴長が40cmくらいと言われているので、ほぼ半分サイズ(頭胴長約20cm)のぬいぐるみです。サイズは半分でもオマキザルの特徴である「尾」が「巻」いてる姿は健在。少し眠そうな表情もなんだか癒されます。顔周りの毛にボリュームがあるので、クシでとかして形を変えたりしてもちょっと楽しめます。

サイズ(約): W 10cm × H 17cm × D 50cm



ぬいぐるみの特徴


こちらのぬいぐるみの特徴をより多く知っていただくために、「触り心地」「職人の技」「リアルさ」でポイント評価をしています。こちらは実店舗に来ていただいたお客様のご意見と、スタッフの意見をまとめた結果で総合的に評価しています。

オマキザル


◆触り心地(ふわふわ度):
顔周りの毛がファーのように気持ちいいさわり心地です。体の部分は光沢のある毛で高級感があります。

◆職人の技(細かさ度):
サルの特徴である、鼻と口がでっぱった表情が可愛く表現されています。手足にはワイヤーが入っているので自由にカタチを変えることもできます。

◆リアルさ(本物に似てる度):
オマキザル最大の特徴である尾が巻いている姿がしっかりと表現されています。こちらのぬいぐるみは「ノドジロオマキザル」をもとに作られています。




※手作りのぬいぐるみのため一点一点表情が異なります。実際のぬいぐるみをご覧になりたい場合は恐れ入りますが実店舗までお越し下さい。郵送後のお取り替え・返品は、初期不良の場合を除きお受けできませんのでご了承ください。



手作業だからこそ伝わるぬくもり


まるで本物のようなリアルさの秘密は熟練した職人によって一つ一つ丁寧に生み出されているから。
よく見ると手作業のためひとつひとつ微妙に動物の表情が違っていてまるで個性が宿っているかのよう。
動物の持つ独特な模様や陰などもエアブラシ等を駆使し表現されており、そこからも「こだわり」を感じることができます。






素材・安全性へのこだわり


見た目のリアルさだけではなく、質感へのこだわりも強く、上質で安全な「日本製の素材」を使用しています。
もちろん、国際製品安全基準をクリアした安全なアイテムです。






大自然が生んだぬいぐるみブランド


このぬいぐるみブランドの生まれは広大な大自然に囲まれたオーストラリア。
世界21カ国で販売されており、そのリアルさと愛くるしさから玩具店だけではなく、世界中の動物園や博物館でも販売されています。
約6000種もの種類があり、その中にはリアルさを追求するあまり、5mを超す超巨大なモノや、まるで生きているかのように動くモノまで、ぬいぐるみという枠にとらわれない商品構成も魅力のひとつとなっています。



「リアルさ」だけではありません。


このぬいぐるみブランドでは玩具を「心の教育」と位置づけています。
世界には様々な個性を持った動物が多く生息していますが、残念ながらすでに絶滅してしまったり、絶滅のおそれのある動物たちも多く存在しています。このブランドでは「絶滅のおそれのある動物」を製品化するなど、動物本来の美しさと身近に触れ合うことのできる場の提供を通じて世界の絶滅動物の保護を訴えています。
そのため単にリアルなのではなく、誰もに愛されるよう「親しみを感じるデザイン」についても強いこだわりがあります。
デフォルメしすぎることなく、動物本来の美しさと向き合えることこが、真の魅力なのかもしれません。



HANSA


創業:1972年
創業者:Hans J. Axthelm

「オマキザル」


4,000円(税込4,320円)

ヒューン