言葉を大切にしたくなる
「手創りノート」



機械を使わず作家が丁寧に創ったノート。
大量生産品にはない温もりやストーリーがあります。

京都で主に服飾のテキスタイルを手がけている、
アトリエコードとすずめ家のコラボレーション作品。
このノートのために描かれた図案。
完全オリジナルプリントの布を使用したノートです。

サイズ: A6サイズ(文庫本サイズ)
※153×109×14(手作りのため1〜2伉度の個体差があります)

本 文: 100枚200頁
※しおりひもはランダムでお届け。お楽しみに。






手で書く、贅沢を。


「長くお使い頂けるように、すこしのことでは壊れません。」 そう言い切るのはこのノートの生みの親「村松佳奈」さん。 機械を使わず、ひとつひとつ自分の手で丁寧に仕上げているからこそ見える自信です。 このアイテムには大量生産品にはない温もりやストーリーがあります。







ただのノート、されどノート。


ちょっとしたアイデアを書き込んだり、勉強をしたり、日記をつけたり、ノートには様々な使い方があります。 こちらのノートはすべて無地タイプ。ガイドが無い分、自由に言葉と向き合えます。

ノートの利点は、いつでもページをめくれば過去の記憶や情景が蘇るあの感覚。
いくらデジタルが普及したとしても、こんな気軽に濃厚な自分と向き合えるツールは他に無いように思います。 過去の自分の言葉を見てクスクス笑う、そんな情景を思い浮かべながら書いてみてください。 ほら、とても素敵なノートになること間違いなしです。

素敵な言葉を残すのであるのだから、ノートにもこだわりをもってほしい。
贅沢と出会えるノート、それはあなたが書くことではじめて完成します。







こうやって創っています!


作家さんの手によって、ひとつひとつ丁寧につくられたノート。このノートはこんな行程を経て皆さんのもとへ届きます。これを見たらきっと誰もが言葉を大切にしたくなると思いますよ。

最初は一枚の紙。



ノートとなる紙を折るところからはじめます。



道具を使って手作業で丁寧に折っていきます。



クリップを挟み、折り目をさらにびしっと。



揃えて、接着剤をすりこみ、



補強のために特殊な布をはります。



しおりひもをつけて、またぎゅっとおさえます。



小口を手作業で綺麗にカットし揃えます。



別に作成した表紙を合わせて



ひごをかませてぎゅっとおさえます。



開くところに糊をいれてプレスしして、



できあがり!







キーワード/
手製本,手作りノート,ずずめ家,作家,ハンドメイド,文房具,文具

手で書く贅沢と出会える、手製本ノート アトリエコード×すずめ家 「ぐるぐるキカノート」


2,800円(税込3,024円)

ヒューン